COLUMN

絶対に失敗したくない!自分の魅力を最大限に引き出す振袖の選び方をチェック!

カテゴリー:振袖コラム>基礎知識 投稿日:2020/07/11

振袖の選び方


一生に一度の成人式。
この晴れの日に欠かせないのが、なんといっても振袖です。


振袖は、つい好きな色やデザインで決めてしまいがちですが、実は一人一人似合うデザインやカラーが違います。ポイントをきちんと押さえて、魅力をいっぱいに引き出す1着と出会いましょう。


(1)体型に合ったデザインを知ろう
毎年新作が発表される振袖のデザイン。
カタログを眺めていると、好みのカラーやデザインに惹かれてしまいますよね。
ですが、体型によって選ぶべき柄や色は違います。


見た人から「似合ってるね」「可愛いね」と言わせるためにも、自分の体型に合ったデザインとカラーを知っておきましょう。


「小柄な人」
背が低い女性の場合、柄が少ないデザインや、小花などのモチーフが小さめなデザインがおすすめです。カラーはパステルカラーや明るめのカラーを選びましょう。


「背が高い人」
背が高い人の場合、豪奢な大柄がよく映えます。シンプルな振袖は物足りない印象になってしまうため、全体に柄が入っているものを選びましょう。カラーは落ち着いたダークカラーや濃いめの色がおすすめです。


「やせ型の人」
細身の女性の場合、丸みを帯びた中柄や小柄のデザインがよく似合います。手毬や菊の花など、丸みのある柄を選んでみましょう。カラーは、女性らしい柔らかい印象のカラーがベストです。


「ぽっちゃりな人」
ぽっちゃり体型だけど、振袖デザインでほっそり見せたい場合。シンプルなデザインや模様が縦のラインになっている振袖がおすすめです。濃い色の振袖を選ぶと、よりスリムに見せられます。


(2)どう見られたいかのイメージも重要!
体型に合わせたデザインや色選びも大切ですが、なりたい自分のイメージも大切です。
可愛くなりたい、大人っぽくなりたい、目立ちたい、賢く見られたいなどの希望は、カラーをチェンジするだけで変化が可能! 


迷った時は、イメージに近い色味の振袖を選んでみましょう。


「可愛くなりたい場合」
白やパステルカラー、赤系のカラーを選ぶと、キュートな印象になります。ふんわり柔らかい女性らしさを出すなら、淡い色合いの振袖を選んでみてください。


「大人っぽくなりたい場合」
成人式を機に、大人っぽい自分を演出するなら、深緑や紫、紺色などの濃いめカラーを選びましょう。デザインをシンプルにすると、より大人っぽい印象になります。


「目立ちたい場合」
成人式で目立ちたいなら、濃いめカラー×ゴールドやシルバーを贅沢にあしらった振袖がおすすめです。近年は、豪奢なデザインの振袖が主流のため、派手過ぎるかな? と感じるくらいのデザインを選ぶようにしましょう。


「賢く見られたい場合」
デキる女性に見られたいなら、黒系、青系の振袖を選択するのが◎
振袖のデザインも、新作柄や流行りのものではなく、古典柄を選ぶと格式高いイメージになります。


(3)パーソナルカラー診断で似合う色をチェック!
自分に似合う色を選ぶなら、パーソナルカラーを調べてみてください。
服選びだけでなく、メイクやアクセサリー選びにも役立つため、一生使える知識が手に入るでしょう。


パーソナルカラーには春夏秋冬の4種類があります。
ピンク色の振袖を選ぶ、と決めている場合でも、診断された季節によって薄ピンクが似合う人、濃いピンクが似合う人、ベージュがかったピンクが似合う人など、その人に合ったピンクが分かるためとても便利です。


診断は、インターネットで手軽に調べられるサイトもありますが、デパートや美容院、コスメカウンターなどに在籍している、パーソナルカラー診断のプロにみてもらうのがおすすめ。体型や髪色などに合わせて、詳しいアドバイスが受けられますので、是非足を運んでみましょう。


(4)まとめ
体型やイメージ、そしてパーソナルカラーに合った振袖を選べば、成人式での印象をぐっとアップできます。選ぶべきデザインや色を事前にチェックして、自分にぴったりの振袖を見つけてくださいね。